中絶可能な期間について

2019年12月22日

中絶手術が可能な期間は、妊娠5週目から21週目とされています。
母体の生命と健康を保護する母体保護法により、妊娠21週6日までと定められています。
未熟児の保育は妊娠22週を過ぎることで生存できる可能性があります。

妊娠週は、最終月経の初めの日を0日目と数え、その日から7日目までが妊娠0週、8日から14日目までが妊娠1週と数えます。
そのため、生理が予定日よりも遅れていて妊娠が分かった場合には、既に妊娠4週から5週になっていることが多いです。
また、4週で1ヶ月と数えることになるため通常の数え方とは異なります。

妊娠11週目程度までの初期中絶手術では、吸引法と掻爬法が一般的です。
吸引法は、子宮内の妊娠組織を吸引する方法、掻爬法は、スプーン状の器具を使い妊娠組織を掻き出す方法です。
どちらも5分から10分程度で終わり、静脈麻酔をかけるため、手術自体の痛みは感じずにできます。
ただし、子宮の出口である子宮頚管を広げる前処理は出産したことのない人の場合、痛いを感じることがあります。

妊娠週数が大きくなるほど母体への負担は増すため、中絶する期間は妊娠11週から12週目程度が多いです。
12週以降を過ぎた場合には、人工的に陣痛を起こし、分娩と同じ状態で胎児を外に出す中絶手術を行うことになります。
そのため、母体への負担が大きくなり、中期中絶となるため、死産として役所に届出を出すことになります。

月経予定日から1週間目の妊娠5週目から手術は可能です。
しかし、胎児が小さすぎたり、子宮口が開きにくいなどの理由により妊娠6週目以降が多いです。

安全かつ確実に中絶手術を行えるのは、妊娠6週から12週未満の期間となるため、迷っている場合には、11週までに決断することになります。

関連記事
中期中絶の後遺症について

日本では母体保護法という法律で人工妊娠中絶が認められているので、出産するかしないかは母親になる女性に最終的な決定権があります。法律では、妊娠22週0日を過ぎた場合、どのような理由があっても中絶はできません。人工妊娠中絶ができるのは21週6日までですので、何らかの理由で妊娠が継続できない場合には、出来

2020年01月22日
中絶・堕胎による母体への影響

赤ちゃんが出来ても産めない方や産みたくないという場合に、人工的に中止する中絶手術は出来れば避けたいものです。中絶・堕胎による母体への影響は後になってあらわれる後遺症です。最も多いのが不妊症になるケースです。手術後の安静を注意しておらず細菌感染により子宮内膜炎や卵管炎を引き起こしたり、ホルモンの変調で

2019年11月19日
ペッサリーという避妊具

一般的によく知られている避妊具といてばコンドームですが、実は女性の側が装着するタイプの避妊具も存在しています。それはペッサリーという避妊具です。ペッサリーとは、性交の際に精子が子宮へ入る際の入り口、子宮口を塞ぐためのもので、その避妊率は90%以上とされています。子宮口に被せるようにして使うので、どう

2019年10月16日
スポンジで避妊!?トゥデイ・スポンジとは

驚く事に、スポンジで避妊をする人が増えています。その避妊具トゥデイ・スポンジとは、とても便利で使い易いという魅力があります。性行為をする24時間前から装着しておけば、その性行為前に慌てて装着する事がなくなります。前もって女性器に挿入する事で、外出先で急に彼氏が性行為を求めてきた時でも、安心して性行為

2019年10月01日
用途と種類をよく考えて使用しましょう

現在日本で一番よく使われている低用量ピルが、トリキュラー28というものになります。ここには曜日シールが一緒に入っているので、これを貼るといつどの薬を飲めばいいのかと言うことが明確にわかるようになっています。難しいと考えている人がたくさんいますが、意外と簡単に使用することができるのです。現在日本で認可

2019年09月16日